人気ブログランキング |

港のそばの公園で

f0005774_22303076.jpg

f0005774_22293801.jpg

f0005774_10024801.jpg

f0005774_22293817.jpg



4月もなかごろになって、少し気分が落ち着いてきた。コーヒーと菓子パンをもって昼食をとった。大分からのフェリー、近くの島への渡船、漁船が波音をたてて通り過ぎていく。海の側は風がまだ冷たい。


こちらもよろしく
てっちゃんのホームページ
てっちゃんの掲示板


# by teccyan1 | 2019-04-20 22:32 | 写真 | Comments(1)

2019 桜

f0005774_22175933.jpg

f0005774_22175961.jpg

f0005774_22175928.jpg

f0005774_22175912.jpg



今年の桜も見事だった。久しぶりにカメラをもって家の周りを歩いた。


こちらもよろしく
てっちゃんのホームページ
てっちゃんの掲示板


# by teccyan1 | 2019-04-20 22:20 | 写真 | Comments(0)

父の死


平成31年1月9日、父が死んだ。
夜、病院から電話があってかけつけたが、すでに息はなかった。
さびしい最後だった。
清潔で、明るい部屋であったが、生活感のない、無機質な感じがする部屋だった。

父はがんであった。
最後までよく耐えた。

あんなこと言わなければよかった。こういうことを言ってやればよかった。
あんなことしなければよかった。こういうことをしてやればよかった。

前の年の10月、高熱が出て入院して、10日程度の入院を2回、3回目の入院が最後になった。
思えば、1月にインフルエンザで倒れてから、毎日の生活に手がかかるようになって、つらい1年間であったろう。

最後の入院まで父が死ぬとはチリほども思わなかった。わたしは愚かだった。

世話をするわたしに文句も愚痴も言わなかった。
ああ、そうだ、父はいつも私の味方だったと、気がついた。
私が失敗しても、間違っていても、常に私の側に立っていてくれた。
子供の頃からそうだった。それが父の優しさであった。
最後の時までそうであったのだ。

私が父にしてあげたことは、失敗も、間違いも、判断ミスもあったろう。
ついに父の気持ちに添ってあげることはできなかったろう。
でも父はそれをじっと耐えた。
父の選んだ生き方に間違いはなかったと、思いたい。

つらい生活を終えて父は、神に還った。



父のことを書かないと、どうしてもブログが続けられない気がして、それでもなかなか書けなかった。父のことは、何を書いても書けない。せめてこれだけをとおもって書いた。



こちらもよろしく
てっちゃんのホームページ
てっちゃんの掲示板


# by teccyan1 | 2019-04-13 09:54 | 日々のこと | Comments(0)

新年のご挨拶


あけましておめでとうございます。
年男です。還暦を迎えることとなりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

海渡る猪の気概や大旦    



こちらもよろしく
てっちゃんのホームページ
てっちゃんの掲示板


# by teccyan1 | 2019-01-01 20:45 | 日々のこと | Comments(2)

f0005774_10185293.jpg

友人がウクレレをくれた。

数日前に、家で友人がウクレレを送ってくれるという話をしたら、母がとても興味をもった。
「いつ届くのか」と聞いてくる。母は半身まひがあるので、右手はほとんど動かない。それでも「どうやって弾くんかねえ」と興味津々である。

28日、いよいよモノが届いた。父が庭の草取りを中断して「包みを開けてみよう」という。母も寄ってきて、御開帳となる。箱に入った緩衝材を除けると、まずケースが出てくる。それを開けるといよいよウクレレ本体が顔を出す。ささやかな感嘆の息がもれ、3人の目がウクレレに集まる。

一番楽しみにしていた母に渡すと、うれしそうに音を出してみる。なにをどうするのか、どこをどうするのか、家族3人誰も知らない。手にして適当に音を出すと、乾いた響きが心地よい。
次に父が弾いてみる。昔ギターで演歌をかじっていたのでなんとかしようとするが、勝手がちがってどうにもならない様子。どうしたらいいかと聞いてくるが、自分もわからない。

ポロンとならすだけで、明るい静かな時間になる。
母の故郷の島の海に似合いそうだというと、ふたりともうなずく。
3人がわからないなりにかわるがわる弾いてみる。

「軽くていいね」「小さくていいね」

弾き終わるとそれぞれに笑顔になっている。


f0005774_10290178.jpg

f0005774_10291161.jpg


こちらもよろしく
てっちゃんのホームページ
てっちゃんの掲示板


# by teccyan1 | 2018-09-28 10:31 | 日々のこと | Comments(8)

渋滞


車の列は道路のままに続く。
右に曲がれば右へ、左に曲がれば左へ、真直ぐなところは真直ぐに。
道路が山かげに隠れるまで、東へ西へ見える限り車の列が続いている。
どの車も目的の方向へ同じ方向へ向いたままじっとしている。
まったく動かない。

倒木があるらしい。

道路は、いつもなら、仕事に、遊びに、病院に、買い物に、
たくさんの生活の目的を果たしてくれる。

大きなものから小さなものまで日本の隅々まで血管のようにつながり、
規則にそって車の流れを滞らせることはない。
わたしたちの都合に見事にこたえる。

自然はそれを邪魔する。
たった一本の倒木が流れを止める。
血管内に瘤をつくるように。
町は脳梗塞を起こし、人の生活は動かなくなる。

わたしたちの頭が作り出したしくみは自然によってみごとに、簡単に壊される。




こちらもよろしく
てっちゃんのホームページ
てっちゃんの掲示板


# by teccyan1 | 2018-08-09 11:22 | 日々のこと | Comments(3)

自分のこと、音楽のこと、本のこと。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30