先日FM放送で

たまに家事をしながらラジオを聞くことがあって、NHK-FMか、FMで流されているAMの山口放送。
で、NHKで、たまたま流れていたのが、「ザ・ロード」と「プレイス」。前者がジャクソン・ブラウン、後者がルーシー・ローズ。
ザ・ロードはいい曲だなあと聞き入っていた。英語だから歌詞の意味はわからないけれども、抑揚の少ない穏やかな感じが、流れゆくあるいは変わりゆく道の風景を思わせてなかなかよろしい。
プレイスは、ややかすれた声でささやくように、つぶやくように歌う女の子の不思議な浮遊感が気持ちよかった。ほとんどピアノだったかギターだったかの音くらいしか聞こえないところがとても軽やかでよろしい。
最近耳に入ってくる音楽は響きが満杯というか、作りに作っている感じがして息苦しい。また癒し音楽となると、これ聞こえよがしにいやし~いやし~、どうだこういうのがいいんだろう~と言わんばかりのプロ技術丸出し感が鼻につくが、この2曲にはそれがない。
50代おっさんには懐かしくも新しい歌声が気に入っている。

[PR]
by teccyan1 | 2016-03-21 21:07 | 日々のこと | Comments(0)

自分のこと、音楽のこと、本のこと。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30