天気

 夜、家が、洗髪の最後に一気に流す仕上げの水に流されるシャンプーのごとく、押しながされるのではないかと思われるほどの大雨の音に、おびえた。
 昼間の雨は、合羽を着てサウナ状態ににさせ、仕事の効率を落とし、うんざりする。上がれば上がったで、熱気のこもった空気の蒸し暑さに身体ががっかりする。晴れれば、じりじりと焼かれる暑さに、気持ちが萎えると共に体力も落ち、身体に染み付いていつまでも火照る暑さに根負けする。
 
by teccyan1 | 2006-07-06 21:01 | Comments(0)

自分のこと、音楽のこと、本のこと。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31