俳句 満月に


満月に兎見つけておぼろかな
白シャツを干し終えてのち初音聞く



こちらもよろしく
てっちゃんのホームページ
てっちゃんの掲示板


[PR]
by teccyan1 | 2018-03-31 21:56 | てっちゃんの俳句 | Comments(0)

星の王子さま

f0005774_19242713.jpg

「星の王子さま」
サン=テグジュペリ作 内藤濯訳 岩波出版

やっと、読んだ。いつも読みかじっては挫折していた。やっと、やっと、ああ面白いと、興味をもって読むことができた。

大切なことは見えないこと、ひまつぶしをすること、最後までしなければならないこと、わからなくて、見えないけれど、大切なものを内包しているから素敵に見えること、見えるものの世界で生きているわたしたちの生活とはどのようなものか。

この本を生涯、手放さず愛読している人がいることが、わかった気がする。なるほど、すてきな本だ。また、気軽に読むには、一語一語に大切な何かを見落としてしまうような表現があるように思える。

童話の形を借りた詩、人生の指南書。これを新刊1600円のところを中古本300円で手に入れたところが自分の満足である。本の内容とは程遠いせこい話だが。



こちらもよろしく
てっちゃんのホームページ
てっちゃんの掲示板


[PR]
by teccyan1 | 2018-03-31 19:27 | | Comments(0)

f0005774_10114123.jpg

「名曲と解説 ギタリストのための70選」
近藤敏明 編著、日音楽譜出版社

古本屋で見つけた。400円。学生のころ、クラシックギター部の部室にあって、よく弾いたり、ほとんどは弾けなかったりしていた懐かしい本。

昔は、音楽がわからなかったり技術が及ばなかったりして弾けなかったが、今はそれなりに音楽が理解できてきて、技術は、まあ相変わら及ばないが、それなりに響きを確かめたりしてとつとつと時間をつぶして遊べるくらいにはなった。

ただ、自分が覚えていたリズムや響きとちがってきこえるところがあったりして、記憶違いや勘違いもあるのかと思った。なかには楽譜がまちがってる? と自分の勉強不足をタナに上げて、ほったらかしているところもある。若いころは「編曲が良くない」などとわかったような顔して不満をもっていたが、今は自分はこれで十分なのではないかと思っている。

わたしは溝淵浩五郎編著の「カルカッシ教則本」でギターを習ったのだが、わたしにはこれで十分なくらいなのだが、この70選にはアグアドの練習曲では有名な小品が3曲あったのでうれしい。アグアドの練習曲にはギターの有名な作曲家ソルやカルカッシ、ジュリアーニにはない色気みたいなものが感じられて好きだ。

練習曲は他に、ギタリスト渡辺範彦によるソルの練習曲のレコードに付属していた楽譜、「セゴビア編によるソルの20の練習曲」「中野二郎監修ターレガギター曲集 前奏曲と練習曲」くらいしか持っていない。それでももう手に余る宝石であって、わたしが教わったギターの響きの美しさ、ギターによるクラシック音楽の魅力といったものは十分堪能することはできるので、満足している。ギターから受けた感銘は失われることはない。

新しい演奏家による新しい音楽は、プロフェッショナルな世界のものなのだ。わたしが演奏することには関係がない。



こちらもよろしく
てっちゃんのホームページ
てっちゃんの掲示板


[PR]
by teccyan1 | 2018-03-28 10:13 | 日々のこと | Comments(0)

徳山駅前を散歩


周南市に今年完成した徳山駅前図書館へ行ってみる。

昭和の香りが消えて、今までにないデザインの空間が出迎えてくれる。スターバックス、コーヒーと読書、ベランダ、図書館とは思えない。本は料理と旅行本、建築、デザイン、あとIT関連、ほぼこれらがすべてといっていい。既存の図書館と本がだぶらないように配慮されてある様子。

ここで感じることは、人々は図書館が欲しいのではなくて、こういうくつろぎ方ができる空間が欲しいのだということ。本などなくても全く問題ない。話し声もよく聞こえるので今までの図書館とは雰囲気も違う。

この図書館運営にはかなり高額のお金を運営会社に払っていくらしいが、将来立ち行かなくなっても、この建物は有効に使えると思うので、中身が代わっても新しい街のシンボルになっていくだろう。

これからの市民はための新しい街への第一歩だ。ただ、わたしには用のないところだ、さみしいが。

時間をつぶすつもりで来たが、あてが外れてしまったので、町を散歩して写真を撮ってみた。

f0005774_15140269.jpg

f0005774_15140352.jpg

f0005774_15140338.jpg

f0005774_15140310.jpg

f0005774_15141383.jpg

f0005774_15142708.jpg

f0005774_15142806.jpg




こちらもよろしく
てっちゃんのホームページ
てっちゃんの掲示板


[PR]
by teccyan1 | 2018-03-26 15:18 | 日々のこと | Comments(0)

f0005774_23572834.jpg

今回の中古漁りの目的商品。自分の欲しいCDがすでに商品としての価値を失いつつあることを感じる。以前はほしいと思うCDも本もたくさんあって目移りしていたが最近はほとんどない。中古CDや古本を買うのもそろそろ終わりになりそうな気がしてきた。

日々を、疲れて一日をこなすのがやっとという過ごし方をしていると、ストルツマンのクラリネットは、実にやさしく楽しく心地よく響いてくる。

バッハの曲を、主としてラテンのリズムでアレンジした曲集。こういうのは「ホンモノ」ではない、お茶を濁している、という印象があって、今もこういうCDは本来買わない。興味がない。だが、ストルツマンの演奏はちがう。

ポピュラーなのに世俗的でない。映画音楽的でも酒場的でもない。メンバーの演奏がいいのか、編曲がいいのか、わたしが歳をとっただけなのか、世間的な喜怒哀楽とちがって、実に音楽的、当たり前か。常套句が特別な意味に、感覚に、変換されているような、優れて洗練された響きをもって語りかけてくるようだ。



こちらもよろしく
てっちゃんのホームページ
てっちゃんの掲示板


[PR]
by teccyan1 | 2018-03-13 00:08 | ポピュラー音楽 | Comments(0)

f0005774_23331257.jpg

ほしい中古CDを買う時、送料手数料を無料にするための数合わせに買った。CDでは山下達郎の2枚目。

ミスタードーナツで流れていた曲があったのと、山下達郎のCDとしてはかなり安かったので選んだ。テレビ番組やCMで取り上げられた曲が多いらしいが他はよく知らない。

古いような、それでいて山下達郎らしくて古びないような、そんな曲が次々と流れてくる。

山下達郎が巷でよく聞こえていたのは学生のころ。大瀧詠一なんかと同じような印象があった。そんなに興味はなかった。今もそれほどないけれど、それでも「Melodies」や「ON THE STREET CORNER」はレコードで持っていてよく聴いた。

この「COZY」はそれほど強い興味をもてるように思わないが、曲がバラエティに富んでいるようなので、あとからいろいろと発見があるかもしれない。それを楽しみにしながら聞いている。



こちらもよろしく
てっちゃんのホームページ
てっちゃんの掲示板


[PR]
by teccyan1 | 2018-03-12 23:36 | ポピュラー音楽 | Comments(0)

自分のこと、音楽のこと、本のこと。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31